不妊 子供 妊活

姑からの催促が月に一回はあったのが嫌だった。

 

 

"結婚して、一年は二人でゆっくりすると決めていたので、妊娠するわけもないですが、姑はそれを知らないので、赤ちゃんは3人産まないと本当の大人じゃない、早く赤ちゃんを見たいと、しょっちゅう言われた。

 

義妹が結婚を私の翌年にし、翌月には妊娠したので、更に私に姑&義妹から言われた。

 

だんなが姑に一年は二人でゆっくりするとまだ言わないから、姑は私にだけ言ってくるので、姑から私に言わないように、旦那に伝えた。

 

姑は、そんなつもりで言ったのではないのに…と自覚症状ゼロ。

 

それが、余計に大変だった。

 

翌年には、約束通り妊活をしたが、気持ちは追い付かず、妊娠したがお腹の子をいとおしく思えずに、生活を変えなかったせいか、初期流産になりました。

 

それからは、妊活を休み、本当に欲しいと思うタイミングを待ちました。

 

周りには、結婚して2年経つので不妊紹介をされたり、子供は良いよと、私が妊娠したくないと勝手に思われたのご大変でした。"

基礎体温測定

 

 

"基礎体温を数ヶ月計り、タイミングを取って、妊活してました。

 

生理が来ると、リセットされ気持ちは落ち込みますが、、これで一月はお酒がのめると気持ちをポジティブにし、来月を待ちました。

 

あとは、妊活仲間と喋る。聞いてみると、意外とみな一回は流産経験があったので、心強かったです。

 

あまり気にしないようにすることが、一番大変でした。

 

妊活と言う言葉もなかったので、今よりマイナスなイメージでした。

 

今の時代は、明るく妊活宣言をしたら、周りは何も言ってこないと思います。デリカシーのない人は、それでも早く赤ちゃん作るように言ってきます。

 

そう言うときは、心の中で、あなたの身内に不妊が出来たら、自分の発言の過ちに気づくと思うよ…と思うようにしてめした。

 

実際、私に会うたびに赤ちゃんのことを言ってきた人は、結婚しても赤ちゃんが数年出来ず、そのまま離婚したケースや、子供が高校生の時に妊娠し、世間には隠してるケースがあり、やはり、女性にデリケートなことは言うもんしゃないと思いました。"

こんな記事も読まれています♪